コラム

不平や不満・批判や悪口で人生を棒に振らないためのスルースキルを身に着けよう

今日は、

「不平や不満・批判や悪口で人生を棒に振らないためのスルースキルを身に着けよう」

というお話をします。

 

しばらくのお時間、お付き合い願います。

 

石川勉のYouTubeチャンネル

さて、日ごろ生活をしていると、いつも、会社が悪いとか、世の中が悪い等と、

何かに不平や不満を言っていたり、誰かの悪口ばかりを言っている人がいます。

 

あなたの周りにも、そんな人がいるのではないでしょうか?

 

もし、そんな人がいたら、一度、その批判や悪口を言っている人を

よく観察してみてください。

 

すると、そういう人に限って、

逆に周囲からあまり良く思われていなかったりするものなのです。

 

仮に、その悪口を言っている人が、

あなたの仕事上のお客様だったりすると、これは結構厄介ですよね。

 

相手がお客様だとしたら、無視することも出来ません。

 

こういう人を相手にしていると

正直、とても気分が悪くなり疲れます。

 

以前の私は、こういったとき、

相手の話に合わせて一緒になって相手の意見に同調し、

悪口を言ったりしていました。

 

なぜなら、そうすることで、

少なくてもその場では自分には被害が及ばない。

そう思ったからです。

 

でも、その考えは完全に間違っていました。

 

その場しのぎで、一緒に悪口や批判をしていると、

例え、本人に悪気はなかったとしても、

口にしている悪い言葉は、知らず知らずのうちに、

悪い負の波動を出し続けることになります。

 

その波動を一番身近に感じているのは、

紛れもなく、口にしている本人です。

 

ですから、そんな積み重ねが、いつの間にか

どんどん大きな悪い波動となります。

 

すると、その悪い波動によって、厳しい現実を引き寄せてしまうのです。

 

これは、私自身が既に経験したことです。

 

また、現在はメディアやインターネットでも

毎日たくさんのネガティブな情報が休むことなく配信されています。

 

そして、現実のあなたが暮らす日常にも、そんな情報をネタにして、

不平や不満を口にする人たちがウヨウヨしています。

 

このような人達を、アンチとかクレーマーまたは、ドリームキラーとか

サイコパスなどとも言いますが、

今回は、そういった呼び方が問題ではありません。

 

何が言いたいのかと言うと、

要は、このような負の波動をまき散らす人たちと一緒になって、

絶対に悪口や不満を口にしてはいけないということです。

 

あなたは、出来るだけそのような人達から距離をとってください。

 

身に着けるべき大切なスキルは、スルーして完全に無視する力です。

 

相手に合わせて、悪口や批判をしたりすると、

悪い行動はどんどんエスカレートしてしまいますので、

決して反応したり、同調してはいけません。

 

不平や不満を口にしても、何も得るものはありません。

 

目の前にある、苦しい現状を変えることも出来ません。

 

そんな感情で過ごしていると、間違いなく状態が、どんどん悪くなるだけです。

 

ネガティブな悪口や批判などを言って、楽しんだり、喜んでいる人は、

残念ながら存在します。

 

そして、彼らを無くすことは出来ません。

 

必ず一定数存在するのです。

 

なぜなら、彼らにもそういった役割があるからです。

 

そういう人たちは、人が困ったり怒ったりすると

更に喜びを感じる生き物なのです。

 

普通の人とは、違う生き方をしているので、絶対に分かり合えません。

 

ですから、関わってはいけないのです。

 

あなたの知名度が上がれば上がるほど、

必ず批判や否定、悪口を言う人も増えてきます。

 

情報などに不慣れな方は、特に批判や否定をされると、

過敏に反応してしまうケースがあります。

 

ですが、どうか否定や批判に反応して、心が折れたり、

途中で諦めたりしないでください。

 

否定する人の意見に吞まれて、

挑戦することをあきらめないでください。

 

自信をもって、あなたの意見を世に配信してください。

 

これは、私自身にも言い聞かせていることです。

 

ネットだけに限らず、普段の生活の中においても、

批判や悪口、不平や不満に対して、反応しないスキル、

無視するスキル、スルーする力を身につけていきましょう。

 

また、相手の意見に反論しようとして

いくら正しい正論をぶつけたとしても、

水掛け論で終わるだけで、結論が出ることはありません。

 

そもそも相手は、あなたが怒り・悩み・悲しむことで、

快楽を得ようとしているのです。

 

相手のペースに巻き込まれてしまうと、相手の思う壺です。

 

ですから、批判や悪口、不平や不満という負の波動には、

絶対に反応してはいけません。

 

 

今日のお話は以上となります。

 

最後までお聞きくださいまして、

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム

Copyright© 自分らしく生きる , 2020 All Rights Reserved.