今日は、

「次の時代に、次元上昇する人としない人の決定的な違いとその運命とは」

というお話をします。

 

しばらくのお時間、お付き合いを願います。

 

石川勉のYouTubeチャンネル

今はインターネットが普及して、次元上昇またはアセンションとも言いますが、

これが既に完了していると言われています。

 

次元上昇やアセンションと聞くだけで、

「妖しい!」「胡散臭い!」

そう感じる方も、いらっしゃるかもしれません。

 

ですが、そんな方も、少しだけ今からお話することを聞いてみてください。

 

単に幻想や妄想で、次元上昇などと言っているのではないことが

ご理解いただけると思います。

 

さて、私達はインターネットという便利なツールのお陰で、

時間や空間を越えて、いつでも瞬時に欲しい情報が手に入ります。

 

また、人と顔を見ながら、いつでも会話が出来るようにもなっています。

 

例えば、普段なら絶対に会うことが出来ない様な、

大物の成功者とも、バーチャルな世界で対面が出来るわけです。

 

つい10数年前までは、そういった成功者の人の話を聞くためには、

現地で開かれるセミナーや講演などに参加する。

 

また、飛行機や新幹線などで移動するなどして、

何百キロも離れた場所へ移動して、

直接会いに行かなければなりませんでした。

 

つまり、誰かと会うためには、多くの時間と費用をかけていたわけです。

 

それが現在は、テクノロジーがどんどん進化して

大切な資産とも言われる、時間も費用も劇的に簡素化できる時代になりました。

 

時間や場所も関係なく、スマホやパソコンさえあれば、瞬時に情報交換が可能です。

 

要するに、時間と空間を越えて、いつでも誰かと繋がることが

出来るようになったわけです。

 

つまり、このような状態のことを

「次元上昇またはアセンションしている!」

というふうにお考えいただければ、

次元上昇ということが、単なる不思議なお話ではないことが、

ご理解いただけると思います。

 

これは、本当に凄い事なのです。

 

そして、多くの人が進化するテクノロジーの恩恵を受けています。

 

ただ、これからは、これらの便利なツールをどのように使うか?!

によって、あなたの未来が大きく変わっていきます。

 

あなたの選択次第で、更に次元上昇する人と、

これ以上は次元上昇をしない人に二極化していくのです。

 

では、二極化とは?

どのようなことかを簡単に解説します。

 

一つ目は、インターネットの技術を使って、

ただユーチューブ動画を楽しんで見るだけだったり、

オンラインゲームで課金をするような、

そんな消費だけの使い方に終わる人です。

 

もう一方は、

自己投資を惜しまずに、新しい情報を取り入れて学んだり、

ビジネスや情報配信などでインターネットを使っていく人です。

 

大まかに言えば、この2種類に分かれて行きます。

 

そして、

あなたが、どちらの使い方を選ぶか次第で、10年後のあなたの未来が決まるのです。

 

どちらの使い方をすれば、次元上昇するかは、あえてご説明しなくても、

想像はつくと思います。

 

 

モバイル通信が5G(ファイブ・ジー)と言われる、

第5世代の移動通信システムになったり、

量子コンピューターと言われる

超高速処理が可能なコンピュター等が開発されると、

今後は、ますますテクノロジーの進化が

加速することは間違いありません。

 

私たちは、こうした加速する時代の変化に合わせて、

生き方や働き方に対する考え方も変えていく必要があります。

 

もうこれまでのように、きつい仕事を、根性や努力で頑張って、

大量にやるといった時代ではありません。

 

進化する技術をうまく取り入れ、知恵を使って仕事に取り組む必要があるのです。

 

時代が変われば、働き方も変わるのです。

 

それに合わせてあなたの考え方も変えて行かなければならないのです。

 

常に変化を意識して学び続けることが大切です。

 

二極化する時代へ向けて、

あなたは、是非とも次元上昇する人になってください。

 

そのために、できるだけ早い段階で、

自分が望むような成功者に学んでください。

 

そして、

学べることへの感謝の気持ちを常に絶やさずに、

素直に謙虚に学ぶのです。

 

あなたが、心から感謝しながら起こした行動は、

高い波動を放ち、宇宙へと放たれていきます。

 

放たれた波動は、同じ波動と同調し、

巡り巡って、あなたに同じ波動をもたらしてくれます。

 

次の時代、お互いに次元上昇した場所で生きられるように、

日々学んで行きましょう。

 

 

今日のお話は以上です。

 

最後までお聞きくださいまして、

ありがとうございました。