スピリチュアル

無意識に語りかけているセルフトークの恐怖とその改善方法

投稿日:

今日は、

「無意識に語りかけているセルフトークの恐怖とその改善方法」

というお話をしたいと思います。

 

しばらくの間、お付き合い願います。

 

 

さて、私は今、ひとりで取り組むネットビジネスを学んでいますが、

私の様な中高年は、努力や根性で勝負しないようにと教えられています。

 

なぜなら、気力や体力も衰える中高年が努力や根性勝負してしまうと、

後で必ず大きな代償を払うことになるからです。

 

それはストレスからくる病気そのものであったりする場合や、

また、身体を壊して仕事が出来なくなり

それが原因で失業してしまい、更に貧乏になったりすることを言います。

 

そうならないためにも、中高年は不思議な力もきちんと学んで

上手に取り入れていかなければいけません。

 

要するに、もう無理が効かないことを素直に受け入れる必要があるのです。

 

石川勉のYouTubeチャンネル

;

 さて、そんな私たちは、幼い頃に、

親や大人たちに聞かされ言葉から強い影響を受けています。

 

大人になった今でも心の奥底の無意識の領域に

強烈にその記憶が刷り込まれているそうです。

 

そして、無意識に自分に語り掛けている言葉に

大きな影響を与えているのです。

 

私たちは、毎日の生活のなかで、

何気に頭の中で常に自分自身に語り掛けています。

 

例えば、

「あの上司はムカつく」と言っていたり、

「あの人の態度が気に食わない」などのように、

無意識に自分に語り掛けているのです。

 

これを「セルフ・トーク」と言います。

 

なんと実に1日に4万回~6万回ものセルフ・トークを

頭の中で繰り返しているそうです。

 

しかも恐ろしいことに、セルフトークの7割近くは

ネガティブな言葉らしいのです。

 

つまり、毎日3万回~4万回ものネガティブな言葉を

自分に語りかけていることになるのです。

 

 

いくら他の人とネガティブなことを喋っていなくても、

毎日、自分自身に4万回ものネガティブな言葉を投げかけていたら、

そりゃ~幸せになるのも、難しいかもしれませんね。

 

要するに、気が付かないうちに、自分で自分を傷つけているのですが、

これが無意識に行われていることが、なんとも恐ろしい事だと感じますよね。

 

でも、この事実を知った今は、もう大丈夫です。

 

無意識に出てくるネガティブな感情は、無理に抑えようとしても、

なかなか抑えれきれません。

 

ですが、出てきたネガティブな感情に対して、

意識的に向き合うことは出来ます。

 

例えば、

「あの上司ムカつく」という感情が出たあとに、

「でも」を付けて違う見方をしてみてください。

 

「あの上司ムカつく」

「でも」

「あの上司も、きっと私のためを思って、注意をしてくれているんだ」

と言うように、出てきた感情を出来るだけポジティブに切り替えて、

終わらせるようにします。

 

これは、かなり意識的にやらないと最初は、結構難しいかも知れません。

 

そう簡単に切り替えられない感情もありますが、

慣れてくると、徐々にではありますが、

ほとんどのネガティブな感情は、冷静に切り替えていけるようになります。

 

そうなると、イライラすることも少なくなってきますし、

腹もあまり立たなくなります。

 

「ポジティブ」と聞くと、いつもニコニコ笑顔で!

みたいなイメージがありますが、

別に無理にテンションを上げなくても、

静かに落ち着いていてもポジティブになることは出来ます。

 

べつに無理して笑う必要もありませんし、自然体でいいのです。

 

ちなみに、私の場合は、ネガティブなことを考えたとき、

少し大げさに感じるかも知れませんが、

その事実が、自分の人生にとってどれだけの影響があるか?

を判断基準にしています。

 

実際のところ殆ど関係ありません。

 

出来るだけ無理なくリラックスした状態で、

素敵な笑顔を増やして、

不安の少ない穏やかな人生を送っていきたいですね。

 

今回のお話は以上となります。

 

最後までお聞きくださいまして、

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-スピリチュアル

Copyright© 石川勉の公式ブログ ~自分らしく生きる~ , 2019 All Rights Reserved.