スピリチュアル

私の思う生まれた意味と使命

投稿日:

 

生物とは、生まれたときから直ぐに常に挑戦する生き物です。

例えば人間という生物は、生まれて間もなくすると這い這いしながら立ち上がろうとします。

赤ちゃんにとってはとても大きな挑戦です。

そして人間は学びを続け新しいことを吸収しながらどんどん成長していきます。

 

ところが近年の私達の多くは、学校教育の枠組みの中で点取り虫になり過ぎてしまい、いい大学に入学したり大きな企業に就職することさえ出来れば、もう挑戦はしなくて良い様な、何かしら型にはまった保身に走り過ぎてしまい、新しい挑戦を忘れてしまっているような気がします。

人は何歳になっても学び続けることが出来ます。

子供の頃に受けた教育が刷り込まれているからこそ、むしろ大人になってからの学びの方が、人生にはかなり大切になることも多いと思います。

 

実は私達には誰もが等しく持ち備える凄い能力があります。

それは脳の潜在的な力です。

よく潜在意識と表現されるものです。

この潜在意識の力を使えば、これまで少しづつ積み上げることでしか変化させれなかったことが、一瞬でダイナミックに変えることが出来るようになります。

今の世の中は、経済的な格差は広がりつつあります。そして、それに伴い教育的な格差までもが生まれています。

そんな状況の中にいると、「自分には挑戦できない!自分には無理だ!」と潜在意識に刷り込まれてしまうのです。

そうした思い込んだ生活が長く続いていくうちに、すっかり挑戦することを諦めて忘れてしまうよになってしまうのです。

 

これから急速に時代が変化します。

しかし、こんな変化の激しい時代だからこそ、私達一人一人の挑戦がいま求められています。

 

今日を明日をどう生きていくのか?この事だって立派な挑戦なのです。

定年を迎えて明日から役職という肩書が無くなった人も、就職に失敗して正社員になれなかった若者も、自分の人生をどう生きるか?例え高齢であったり病気で苦しんでいたとしても、今日という日をどう生きていくのか?みんな一人一人が懸命に挑戦して生きていく時代が来ていると思います。

 

人間は命ある限り一生学び続け、精神を成長し続けなければならないのです。

それがきっとこの地球に生れ落ちた、私たちの唯一の使命なのではないでしょうか?

  • この記事を書いた人
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-スピリチュアル

Copyright© 石川勉の公式ブログ ~自分らしく生きる~ , 2019 All Rights Reserved.