スピリチュアル

人生で一番チャレンジした時を覚えていますか?

 

今日は、

「あなたは、人生で一番チャレンジした時を覚えているでしょうか?」

と言うお話をします。

 

しばらくの間、お付き合い願います。

 

 

さて、人生で一番挑戦した時とは?

それは、あなたが意識して頑張ったわけではなく、

無意識に成し遂げた、見事な行動です。

 

それなのに、残念ながら、殆どの人には、その記憶がありません。

 

私もその一人です。

 

 

人生で一番頑張った時・・・、

 

それは・・・

 

あなたが「赤ちゃん」の時です。

 

あなたは、来る日も、来る日も、

何日も立ち上がっては、転ぶことを繰り返してきました。

 

 

おなじことを何度も繰り返し、諦めずにコツコツと地道に立ち続けました。

 

あれだけ頑張ったのに、記憶には全く残っていません。

 

ひょっとしたら、潜在意識が働くというのは、

こういうことを意味しているのではないでしょうか???

 

周囲から見れば頑張っているのに・・・

本人には頑張っているという自覚がない。

 

頑張っているとさえ思っていない。

 

懸命になって、ただ前を向いてチャレンジしている。

 

メンターの教えにある「努力や根性は必要ない」というのも、

実はこういう状態のことを指しているのではないでしょうか?

 

石川勉のYouTubeチャンネル

 

懸命に立ち上がろうとする赤ちゃんに向かって

「ほら、早く立ち上がって!」

「さぁ、早く歩いて!」

なんて、せかしたりする親はいませんね。

 

赤ちゃんは、何も言わなくても、自然と全部、

自分で出来るようになっています。

 

 

ところが、私たちは成長に合わせて

色んなことを教育されてきました。

 

人生を良くするために、教えられたはずのことが、

やればやるほど、上手く行かない。

 

どんなに努力や根性で頑張っても、

どんなに歯を食いしばっても、豊かになれません。

 

みんなと同じようにやろうとすればするほど、

苦しくなるだけです。

 

何がいけないのか?わからない。

 

現実には頑張っていない様な人ほど、豊かに暮らしている。

 

私たちは、根性や努力は、決して裏切らないと教わりました。

 

なんでも努力と根性を出せば、乗り切れると教わって育ってきました。

 

もっと頑張れ、まだ努力が足りない!

もっと頑張れ!!!もっと、もっと・・・

 

気が付いたら、病院のベットで横たわり、何もかも失くしていました。

 

ですが、何かも失ったおかげで、

私は、本気で自分を見つめ直すことができました。

 

そうしたら、メンターに出会えたのです。

 

そして、私は学びを通じて、生まれ変わることができました。

 

私は、いま生まれたての「赤ちゃん」です。

 

あの時のように、もう一度、何度転んでもまた起き上がります。

 

私達の潜在意識の奥底には、あの時、懸命にチャレンジした、

遠い記憶が刷り込まれています。

 

ただ素直に、謙虚に、ひた向きに、

自分の出来ることを、

何度も何度も、繰り返していけばいいのです。

 

成功するために必要なことは、

実は、多くの人が、既に体験していたのです。

 

今日のお話は以上です。

 

最後までお聞きくださいまして、

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-スピリチュアル

Copyright© 自分らしく生きる , 2020 All Rights Reserved.