【ブログの目的と配信内容】

少し硬いお話をしますが、

どうか、しばらくのお時間お付き合い願います。

 

社会構造が多様化し、時代の変化が急速に進んでいます。

 

且つて社会構造の基盤となっていた、

学歴や年功序列による組織の枠組みや

終身雇用制度も、今では完全に崩壊しています。

 

科学技術の進歩は目まぐるしく、

次世代通信システムの5Gの導入や

AI(人工知能)などのテクノロジーの進化が

飛躍的に加速しています。

 

様々なことが、これから数年の間に

大きく変化すると予測されています。

 

 

一方で経済においては、

長引くデフレから脱却できず、

少子高齢化なども深刻な課題となっています。

 

なかでも生産人口の減少は著しく、

労働力不足を外国人労働者の受け入れでカバーし、

格差是正の名のもと、ますます賃金低下を招く恐れもあります。

 

また、公営事業の民営化や種子法の改正など

外資にどんどん日本の資産や権益を奪われていく現実にも

大きな危機感を感じます。

 

グローバル化による開発競争も激化しています。

 

日本もそのグローバル化の大きな波に呑み込まれ、

上場企業でさえも、その舵取りに苦慮しています。

 

これまで、高い水準を維持してきた

日本人の労働賃金は

グローバル化のなかでの競争を

余儀なくされています。

 

企業はコストカットで生き残りを図るため、

益々所得格差が生れる状況になっています。

 

 

あまりにも早い社会の変化に反して、

衰え行く自身の気力や体力を思うと、

何かしら漠然とした不安が込み上げてきます。

 

私は50歳という、人生の折り返し地点を越えて、

大失敗をしてしまいました。

なので、その不安も一層大きなものに感じます。

 

日本は1970年代あたりから、

一億総中流という時代がありました。

 

しかし現在では中間層と言われる所得人口層も減少し、

平均年収300万円という人たちの占める割合が

一番多くなりました。

 

非正規雇用が増え、中には正社員でも

年収200万円を超えない、

ワーキングプアと呼ばれる人達も

約1000万人を超える状況になっています。

 

私同様に毎日不安な気持ちで過ごしている人は

きっと、たくさんいらっしゃると思います。

 

 

さらに、不安に拍車をかけて煽るかのように、

次のようなこともメディアから流され続けます。

 

老後資金は年金だけでは足りません。

 

2000万円不足します!

 

要するに現状の年金制度が

今後維持することが難しいと言う問題です。

 

また、高齢化がますます進む中で、

膨れ上がる介護や医療費への問題。

 

少子化問題、待機児童問題、環境問題、デフレ問題、等々。

 

そして、これらの問題に対応するためと称して、

消費税などの税負担の増額を呼びかけます。

 

日本国民は、大人しく勤勉で真面目です。

また常に集団で協力することで

仕事には真面目に取り組んでも、

なるべく個人の意見を出させない

そんな仕組みで教育を受けてきました。

なので、某国のようなデモをすると

いう行動にはあまり出ません。

 

なので、政府も当間の様に

税金を国民に押し付けてきます。

 

このまま何も考えないで、

思考停止状態で暮らしていると、

結局、私たちは搾取され続けます。

 

間違いなく「貧困老人」「下流老人」確定です。

この状況から抜け出すためには、

新しい思考力と現実的な行動が必要です。

 

これまでの凝り固まった昭和型の思考は、

全て綺麗にリセットしなければなりません。

 

そして、メディアやインターネットから流れ続ける

ネガティブな情報に決して惑わされてはいけません。

 

現在のメディアは完全な商業メディアです。

 

つまりメディアと言えども企業ですので、

利益を第一に優先しています。

 

純粋にビジネスをしているのであって、

本来メディアが果たすべき役割としての

正義を伝えているわけではありません。

 

そんな情報に惑わされないためにも、

私たちは、柔軟な思考と精神を

身に着けなければなりません。

 

そして、実際に行動に移すのです。

 

力のある組織に個人が立ち向かっても

到底勝ち目はありません。

 

ですが、苦しんだうえに搾取されるような

今の社会の問題から逃れることも出来ません。

 

これから迎える新しい時代は

小さくてもいいので、

自分の力で生きて行けるように

個人として独立した力を持つことが重要です。

 

いわゆる「個の時代」です。

 

個人として力をつけて、

組織の中で生きて行くのです。

 

 

私のような中高年には、

もう社会で競い合うための、

気力も体力もスキルもありません!

 

悲しい事ですが、これは現実です。

しかし、この現実を直視して、

素直に受け入れましょう。

 

そして、

これまでの経済至上主義に疑問を呈しつつ、

弱者なりの戦略を持つ必要があります。

 

厳しい時代を迎えいますが、

こうした大きな変化を迎える時代は、

逆に本来の自分らしい生き方を

見つけ出すチャンスでもあります。

 

 

私の様に、将来に不安を抱えた

中高年の方が急増中です。

 

この混沌と殺伐とした厳しい時代を

今後どのように生きて行けばよいか?!

 

中高年の生き方や考え方について

私が学んだことや実践していることを

配信しています。

 

少しでもお役に立てば幸いです。

 

 

将来が不安でたまらない方は、

お問い合わせフォームから

メールでお気軽にご相談ください。

 

相談したからと言って、即問題が解決し

不安が解消されることはありませんが、

ますは人に話すことから、

問題解決の糸口は見えてくるものです。

 

 

ここまで、

長文にお付き合いくださいましたあなたの愛に、

心から感謝申し上げます。

 

・・・心より愛をこめて・・・

石川勉(TSUTOMU,ISHIKAWA)