量子力学ではこの世の全ての物は、突き詰めていくと目には見えないとても小さな粒になると言われています。

そして、その小さな粒はとてつもない速さで振動してるそうです。

実際には振動しているのですが、私達にはそれが物体として止まって見えているのです。

ここで難しい量子力学のことをお話するつもりはありません。

そもそも詳しいことは知りません。

 

ですが、間違いなく私達に関係するすべてのものは、目には見えないけれども間違いなく振動しており、すべてのものが波動を出しています。

それは私達の感情にも言えることなのです。

 

人はずっと落ち込んだままではいられませんし、ずっと楽しいと感じたまま過ごすことは出来ません。

なので起伏の大小に違いはありますが、間違いなく感情や気分と言った目に見えないものにも波があります。

 

自然の営みのように、晴れて穏やかな日もあれば、風が吹き荒れる日や激しく雨の降る日もあるのです。

ですが、それらもずっと同じ状態が続くことはありません。

まるで浜辺に波が打ち寄せるように、必ず何度もよく似た状態が繰り返されて行きます。

 

しかし、一度たりとも全く同じ状態と言うこともありません。

私達の住んでいる3次元の世界では、常に今この瞬間という時間しか存在しないからです。

 

何が言いたいのかと言うと、結局私たちは今この瞬間しか存在しないのだから、例え一時感情が落ち込んだとしても、それはもう既に過ぎ去って存在しないと言うことです。

つまり、済んだことにいつまでも感情をとらわれるのでなく、今この瞬間どう感じるかに意識を向けることが大切なのです。

 

そして、例え今気持ちが落ち込んでいたとしても、それは次に気持ちが上がっていくための前触れであるという風に捉えて置けばいいだけのことであり、落ち込んでいる自分を悲観する必要は全くないと言うことです。

人には等しく誰しも感情に波があります。

 

苦しい時があるのは、あなただけではありません。

みんな同じように苦しみながらも、それを乗り越えたからこそ、苦しんだ分と同じだけ喜ぶことが出来るようになっています。

 

苦しみが大きければ、喜びもまた大きいと言う訳です。

 

ですから、いま苦しい人も決して乗り越えられない苦しみは与えられませんので、そう信じて一歩一歩進んでいきましょう。

 

綺麗ごとに聞こえるありきたりな文章ですが、とても大切なマインドセットです。

時代の変化の激しい時ですから、苦しい人も多いと思いますが、こんな時こそ自分の無限の力を信じて進み続けてください。

あなたの挑戦をいつも応援しています。