今回は

意味のない人生などあり得ない

というお話をします。

 

しばらくのお時間、お付き合いを願います。

 

さて、

今を生きる私たちは、

とても忙しい気がします。

 

寝ても覚めても仕事、休日も返上で仕事。

 

そんな毎日にすっかり疲れ切ってしまい、

自分の人生に疑問を持つ人も、多いのではないでしょうか?

 

石川勉のYouTubeチャンネル

 

私は、会社組織という社会のレールに馴染めず、

30代で独立を目指して別の道を歩みました。

 

なぜなら、会社員を続けているうちに、

自分の大切なものが少しづつ削られていくような

そんな感覚に襲われたからです。

 

また、多くの中高年サラリーマンが、

どんどん元気を失くし、やる気を失っていくのを

まじかに見ていたからだとも思います。

 

そして、私は組織社会という世界から飛び出し、

独立しての成功を目指して、別の道を歩んだ結果、

事業で失敗してしまいました。

 

10年以上の下積みと時間をかけて詰み上げてきた仕事を失い、

20年以上連れ添った家族を失い、30年以上積み上げた資産を

起業わずか3年で失いました。

その後、うつ病になり5年という歳月と時間も失いました。

 

こうして自分の人生を振り返ると、

なんともうまくいかないことの連続でした。

 

振り返ると、会社務めの平凡で退屈な毎日に恐怖を感じ、

独立して事業で成功することに、人生の幸せを追い求めていました。

 

しかし、事業で大きく成功できるのは、

本当に限られた極めて僅かの人たちです。

 

殆どの人たちの人生は、きっとうまく行かないことや

退屈で苦痛なことの繰り返しなんだと思います。

 

でも、そんな平凡な毎日の繰り返しの中に、

僅かな喜びを見つけて、愛や感謝の気持ちをもって

身近な暮らしに幸福感を持つことが、

本当の生きる意味ではないかと、今は感じています。

 

とても苦しい事の連続でしたが、

今は生きていて本当に良かったと思えます。

 

私はそう感じたときに、本当の幸福を見つけることが

出来たような気がしました。

 

地味で派手さはないけれでも、

そんな平凡で退屈な毎日を生きることこそ

最も堅実な生き方だと思います。

 

こんな失敗の連続の私にでさえ、

小さな幸せを見つけることができるのですから、

どんな人の人生にもきっと、

僅かな幸福の瞬間があるはずです。

 

だから、どんな人生にも意味のない人生など、

決してあり得ないのです。

 

意味のない人生などない、そうに思えたとき、

また一歩前に進めるのです。

 

今回のお話は以上です。

 

最後までお聞きくださいまして、

ありがとうございました。