自己啓発

人の評価を気にして生きる自分を責めてはいけない

 

今回は

人の評価を気にして生きる自分を

責めてはいけない

というお話をします。

 

しばらくのお時間、お付き合いを願います。

 

さて、誰もが人の評価は気になると思います。

 

みんな人の評価を恐れて生きています。

 

自分が話す発言、起こす行動ひとつで、

人の評価はいか様にも変わります。

 

そして、昨日まで良好だった夫婦関係が壊れたり、

職場の仲間との仕事がうまく行かなくなったり、

友人と口論になったりしてしまうのです。

 

だから、私たちはそうならないように、

いつも周りの人の顔色を伺い、

常に人の評価に怯えながら生きているのです。

 

そして、毎日そうやって人の評価に怯えながら暮らしていると、

そんな自分が、とてつもなく嫌になったりするものです。

 

石川勉のYouTubeチャンネル

 

ですが、そう感じるのは、あなただけではありません。

 

人はみんな心の中で、

いつも人の評価を気にしているものです。

 

そして、そんな自分が嫌いに感じるのも

また、みんな同じなのです。

 

きっと、あなたは人の評価を気にしないで生きたいと

心の中では強く願っているはずです。

 

そう願っているからこそ、

それが出来ていない自分を否定したくなるのです。

 

人の評価に惑わされずに、自分軸で生きると言うのは

誰もがそう簡単にできることではありません。

 

ですが、そう願う心を大切にしてください。

 

そう願うあなたのその綺麗な心があれば、

謙虚に真摯に学ぶことが出来ます。

 

そして、いつか必ず、人の評価を気にしないで

心穏やかに暮らせる日が来ます。

 

理想とする自分として、

自分らしく生きて行ける日が

必ず来ると私は信じています。

 

今回のお話は以上です。

 

最後までお聞きくださいまして、

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-自己啓発

Copyright© 自分らしく生きる , 2020 All Rights Reserved.