自己啓発

自分らしく生きるために「人を裁くなかれ」

 

 

今回は、

人を裁くなかれ

というお話をします。

 

しばらくのお時間、お付き合い願います。

 

ある日突然、

あなたの最も信頼する人があなたを裏切り

あなたの財産を全て奪って逃げ去りました。

 

そんな時、きっとあなたは、

逃げ去ったその人に

怒りと憎しみを抱くに違いありません。

 

こみ上げる怒りと憎しみの感情が

抑えきれなくなります。

 

そして、

復讐という二文字が

脳裏に浮かんで来ます。

 

石川勉のYouTubeチャンネル

 

誰しもこのような状況になった時

冷静沈着でいられないと思います。

 

きっと、

同じような感情に支配されて

どうしても逃げた相手をこらしめたい。

 

どんな手を使っても復讐してやりたい。

 

怒りの感情が

抑えきれなくなるでしょう。

 

そんな気持ちは、痛いほどわかります。

 

ですが、

さんな気持ちを少し抑えて

聴いてください。

 

マタイによる福音書7章に

次のような言葉があります。

 

汝ら人を裁くなかれ。

汝が裁かれんがためなり

 

確かに相手が犯した罪は許しがたいものです。

 

しかし、あなたが人を裁く前に

自分自身をその裁く判断基準に

照らし合わせて

内省して見なさいというのです。

 

罪を憎んで人を憎まず

ということわざもあります。

 

罪を犯した人にも

何か事情があったのかも知れません。

 

そこまで思いを巡らせることが出来たなら、

あなたはもう、相手を恨んではいないはずです。

 

今回のお話は以上です。

 

最後までお聞きくださいまして

ありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-自己啓発

Copyright© 自分らしく生きる , 2020 All Rights Reserved.