今回は、

肉親への愛

というお話をします。

 

しばらくのお時間お付き合い願います。

 

さて、

家族とは、近くにいるほど

関係も深くなる分、

遠慮もなくなります。

 

そんな家族から

触れられたくない部分まで

立ち入られて、

心を踏みにじられるような

経験をしたことも

あるのではないでしょうか?

 

お互いのことが

分かり過ぎるからこそ、

憎しみや怒りも一段と膨れ上がり、

相手のことが許せなく

思えてしまうのです。

 

石川勉のYouTubeチャンネル

 

あなたは今、

親や兄弟に対して、

とても許せないと言う感情を

持っていますか?

 

もし、仮にそんな気持ちを

持っているとしたら、

それは、きっと

その許せないという感情と同じ分だけ、

家族を愛したいと思う気持ちが

あるからです。

 

この世のものは表裏一体です。

 

愛があるから憎しみが生まれ。

 

憎しみがあるから、

また愛も生まれるのです。

 

今は認めたくないと

思っていても、

心の奥底には、

いつも肉親への愛があります。

 

この愛こそ、

人の心の根底にある

ずべての愛の元となる愛なのです。

 

今回のお話は以上です。

 

最後までお聞きくださいまして

ありがとうございました。