今回は

ありのままの飾らない自分

というお話をします。

 

しばらくのお時間、お付き合いを願います。

 

親であれば、我が子は可愛いものです。

 

我が子と言うのは、

命を懸けて守りたい、幸せにしたいと

心から願う、そんな存在だと思います。

 

すると親と言うのは、

子供のために「偉い父親、凄い母親」で

あり続けなければと無意識のうちに

思ってしまいます。

 

私もかつて娘が中学から不登校になり、

可愛い我が子のために、

良き父親でいなければと

なんとか娘の心に寄り添おうとしました。

 

石川勉のYouTubeチャンネル

 

しかし、自分の事業の失敗なども重なり、

思うようにならない出来事が続き、

自分自身が心の病にかかってしまいました。

 

結局、娘に何もしてあげれずに

本当に弱くてダメな父親の姿しか

見せることが出来ませんでした。

 

しかし、結果的にそれでよかったと

今になって思うことが出来るようになりました。

 

私の苦しむ姿を見ながら

子供なりに色んなことを感じたり、

考えたりしていたようです。

 

本当に子供の幸せを願う時、

必死に生きている飾らない本当の親の姿を

見せることが必要なんだと思いました。

 

子供が私を軽蔑したりすることも

きっとあったと思います。

 

しかし、それは親から巣立つためには

避けて通れない必要な経験だと思うのです。

 

私も経験していますので、

子育ては本当に大変だと思います。

 

思うようにいかないことばかりです。

 

人それぞれ考え方が違うように

同じ答えがあるものでもありません。

 

ですが、

うまく子育てが出来ない自分を責めず、

懸命なありのままの姿をさらけ出せば、

必ず、子供はその愛を理解し、

そして、親を超える時が来ると思います。

 

王陽明の「伝収録」の中に

こんな言葉があります。

 

子を養いて方(まさ)に父の慈を知る

 

子供もまた自分が親の立場になったとき

子育ての大変さや、親の愛情の深さ

親の有り難みというのを知る時が来ます。

 

長いようで短い人生ですが

飾らずにありのままの自分を生きていれば

いろんな苦しい思いを重ねながらも

結局は自然と上手くいうように

なっているのかも知れませんね。

 

今回のお話は以上です。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。