自己啓発

お風呂でふと思ったこと

投稿日:

 

毎日の仕事は大変ですが、我が家に帰ってお風呂の湯船につかれば、一日の疲れも取れて行きます。

そんな湯船でふと気が付いたことがあります。

湯船でお湯をかき混ぜる時、自分の方へお湯を寄せようとし引き寄せるようにしてかき混ぜると、お湯は一時的に勢いよく寄ってきますが、直ぐに横へと流れて行くように見えます。

ところが、お湯を自分の胸元から押し出すようにして混ぜると、自分の目の前にお湯が流れ込んでくるように見えるのです。

 

これってもしかしたら、なにやら法則っぽくないですか?

お湯をお金に置き換えてみるとどうでしょうか?

 

お金を稼ごうとして努力や根性で懸命にかき集めても、結局病気になったりしてお金がどんどん流れ出してしまいます。

反対にお湯を押し出すように先に世の中のためにお金を使えば、あなたに対するお礼の気持ちや感謝の気持ちとして、またどんどん自分のところへお金が戻ってくるようになるのです。

お金が欲しいと思うのであれば、自分がお金を貰うことを考えるよりも、先に誰かのためにお金を使って役に立つという思いが大切です。

 

こうした人の心理を上手に使ったビジネス手法があります。

「返報性の法則」と呼ばれるものです。

自分から先に顧客に対して、価値の高い情報や品物を差し上げることで、今度は自分の商品を購入してもらいやすくなるというものです。

 

ビジネスで成功している人は、こうした法則や心理なども上手に取り入れているのです。

法則とは誰がやっても同じ結果になるものです。

ですからとてもシンプルなのです。

うまく行かないのは、結局複雑に考えてグチャグチャにしているからだと思います。

  • この記事を書いた人
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-自己啓発

Copyright© 石川勉の公式ブログ ~自分らしく生きる~ , 2019 All Rights Reserved.